スポンサードリンク

顔の毛穴をレーザーで治療する

レーザー治療は、黒ずんで目につくようになってきた毛穴に作用し、目立たなくする手術です。

毛穴がゆるんできて中の黒ずみが目立ってきたという人は、レーザーで治療するという方法を使えます。また、加齢と共に増えてくる小さなシワやざらざらしてくる肌荒れなどに対しても、レーザー治療は効果を発揮します。




MAX毛穴レーザー治療という名前の方法が、レーザー光を用いた美容エステで最もよく使われます。毛穴に炭粉末を塗り込んで、そこにレーザーをあてるという手術方法です。

黒い色に反応するレーザーの特性を生かして表皮全体に安定したダメージを促して、顔の毛穴自体を収縮させます。

お肌を若返らせ、往年の頃の美しい皮膚を取り戻すことが、毛穴の収縮以外にもレーザー治療では可能とされています。




レーザー治療では炭粉末の配合されたローションを塗りますが、その前に念入りに洗顔をし化粧を落とします。ローションは、特に毛穴を引き締めたい部分を念入りにしましょう。

まずは事前照射を行います。本格的にレーザー治療をする前に肌を温めるのが目的です。

レーザー治療そのものは3回に分けて行い、その後に約5分のクーリング時間をおきます。

これで肌の状態が落ち着き、毛穴が締まって黒ずみがわからなくなります。紫外線対策が必要ならば紫外線対策を行います。

しばらく肌を休ませてからなら、帰宅時に部分的なメイクをしてもOKです。




最近ではかなり技術が進歩していて、安全で手軽にレーザー治療ができるようになっているようです。

家でのスキンケアだけでは思うように黒っぽい毛穴が治せないという方は、エステなどでレーザー治療を受けてみると突破口が開けるかもしれません。

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。