スポンサードリンク

洗顔石鹸と洗顔フォームの違い

洗顔料には、石けんと洗顔フォームとがあります。皮膚への負荷がより少ない洗顔料は、 洗顔石鹸と洗顔フォームのどっちでしょうか。その答えは、洗顔せっけんです。しかし、 洗顔時に洗顔フォームを使う人の中には、洗顔後に皮膚が突っ張らないからだという人が います。洗顔石けんより洗顔フォームの方が肌に優しくないということは、意外に感じる かもしれません。


洗顔フォームの利点は、長持ちをすることときめ細かな泡が簡単に作れることですが、肌 への刺激は洗顔石けんの方が優れています。 あまり知られてはいませんが、同じ洗顔料でも洗顔石けんと洗顔フォームは全く違う物質 です。石鹸の組成は脂肪酸カリウムと脂肪酸ナトリウムであり、高級脂肪酸の金属塩です。 しかし、洗顔フォームの場合は、有効成分を染み込みやすくするために合成界面活性剤が 用いられています。これが、敏感な肌にはあまりよくない物質なのです。人体への悪影響 だけでなく環境に対する不安もあります。これは安さを求めて石油を合成界面活性剤に使 っている洗顔フォームに対して指摘することができます。自然派洗顔料として植物を使用 していることを前面に押し出しているものもありますが、合成界面活性剤が入っているな ら負担は同様です。 その点、合成界面活性剤ではなくオリーブ油や植物油脂などの自然界に存在する物で作っ た洗顔せっけんは肌への負担が少なく済みます。ですから敏感肌の方はぜひこの機会に洗 顔石鹸をお試しください。 また美白にこだわる方にも洗顔フォームよりも洗顔石鹸がオススメです。

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。