スポンサードリンク

洗顔石鹸を効果的に使用する為の洗顔方法

間違った顔の洗い方をしていては、肌によい洗顔石鹸をせっせと使っていても無駄に終わってしまいます。良い石けんの良さを引き出しながら肌に優しいスキンケアをするためには、適切な洗顔手順を守ってきちんと顔を洗う必要があります。ここに書いてあることを参考に、適切な洗顔を習慣づけましょう。


まず、お湯は40度前後のぬるま湯を使います。毛穴を開かせ、汚れを出しやすくする為です。洗顔前に蒸しタオルを当てておくのも良いですね。
洗顔石鹸を使って洗顔に使う泡を作り出す作業は多少面倒ですが、密度の濃い泡になるようにしてください。泡立てが思うようにできない時は、市販の泡立てネットを使うといいでしょう。
作った泡で額や鼻周辺のTゾーンから洗っていきます。顔の皮膚を泡でくるみこむようなイメージで乗せていき、顔全体に泡が行き渡ったら、くるくると円を描きながら泡をどんどん滑らせていきます。肌は繊細なので、決して乱暴にはしないでください。
泡が肌全体に充分行き届いたら、ぬるま湯でさっと洗い流します。洗顔後、石鹸が肌に残らぬように気を付けてください。洗い終わった時に肌にキュッという感覚があれば花丸です。
洗顔後のタオルはこすらずに乗せるように水気を取ります。

夜の洗顔は昼間の内に蓄積された皮脂汚れを落とすのが目的となります。夜の洗顔に対して朝の洗顔は眠っている間に付着した埃等を取る為に行うのです。起きてからの洗顔は夜ほど汚れはありませんので、湯での洗顔だけでもいいこともあるようです。


この記事へのトラックバック
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。