スポンサードリンク

多汗症とは何か?その原因は?

人間たるもの、汗をかくのは当然ですし、汗をかかないのは異常なことです。 体温調整のためには汗をかく必要があるし、緊張すれば誰でも汗をかくものです。 しかし人によっては、かく汗の分泌量が異常に多いということがあります。 これを多汗症と言います。
ただ、多汗症であるかないかの境界線が曖昧で、自分は多汗症だという思い込みの 場合もありえます。 一般には気温や運動とは関係なく多量の汗をかくことと考えられています。


多汗症の原因ですが、他の病気の影響による場合と、精神的な理由で発汗量が 増えてしまう場合とがあります。 もしも多汗症の症状が全身に及んでいるのであれば、代謝系や自律神経機能に 問題が発生しているのかもしれません。 薬の副作用でも多汗症と似た症状がでることもあります。
体調の違和を伴いつつ汗を多量にかくようでしたら、迷わず医師の診察を受けてください。 多汗症よりも厄介な病気である可能性もありますので気をつけてください。


多汗症の場合は、精神的なものが原因となることが多いようです。 環境の大きな変化や緊張感を強いる状態の連続する時に多量に汗をかく人は 多汗症の可能性があります。 この時は手のひらや足などに汗をかくことが多いようです。
始末が悪いのは、多汗症の人の場合、汗をかくこと自体がストレスになって、 よけいに汗の量が増すという悪循環もあることです。 医師など専門知識のある人に相談し、多汗症の症状を軽くする必要があります。
多汗症の場合は、特に命にかかわるなどの致命的な病状ではありません。 ちょっと相談してみるという程度の心構えで病院に足を運んでみてはどうでしょうか。
汗を多量にかくことを無闇に恐れたり、恥ずかしがったりする必要はありません。 自分の状態をきちんと見据えることが治療の第一歩となります。


この記事へのトラックバック
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。