スポンサードリンク

「まつげエクステで被害相次ぐ」というニュース

 まつ毛に人工毛を付けてボリュームを出す「まつ毛エクステンション(エクステ)」で目に炎症を起こすなどトラブルの相談が急増していることが、国民生活センターのまとめで17日わかった。

 まつ毛エクステは、絹や化学繊維などで作られた人工毛を、専用の接着剤でまつ毛1本1本につける。3〜4週間でつけ直すのが一般的。美容院やエステ店などで行われ、若い女性らの人気を集める。

 ところが、同センターには2004年4月から今年2月5日までに計156件の相談が寄せられた。相談件数は04、05年度が2件、7件だったが、08年度と今年度はいずれも50件。

 相談者はすべて女性で、20〜30歳代が4分の3を占めた。接着剤や人工毛が目に入るなどして、「充血した」「炎症を起こした」といった相談が93件で最も多く、目の周囲の皮膚障害を起こしたケースも45件あった。

 まつ毛エクステを行うには美容師の資格が必要。国民生活センターでは、「相談からは、資格のない人が行っていると思われるケースもある。炎症などの症状があったら、すぐに診察を受けてほしい」と注意を呼びかけている。
(以上ニュース記事)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100217-00001140-yom-soci

最近本当に街のいたるところで「まつげエクステ」の文字をみかけるようになりました。
「まつげエクステ」の人気を身をもって感じます。

「まつげエクステ」人気の理由は、「マスカラがいらない」「目ヂカラがアップする」といったところ。
流行するのは良いんですが、それに伴いこのニュースのようなトラブルも増えてくるものです。

「まつげエクステ」では、まつげに1本1本接着剤を使って接着させます。
この接着剤がトラブルの元のようです。

接着剤が目に入り炎症を起こしたり、最悪視力障害が残ってしまうこともあるとか。

「まつげエクステ」の施術には美容師資格が必要となっているのですが、忙しいためなんでしょうか、資格を持たない施術者も居るということです。
これではいつトラブルが起きても仕方ありません。

きちんとしたサロンでは、必ずパッチテストを行い安全を確認しているそうです。
利用者の体調次第では、施術を断ることもあるというほど慎重に行っているとのこと。

なるべく情報を集めて、信頼のおけるサロンを選ぶ必要がありそうです。


スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。