スポンサードリンク

毛穴の黒ずみのための正しい洗顔方法

毛穴の黒ずみを取るためにも、予防するためにもクレンジングと洗顔は一番大切なポイントとなります。 ここでは洗顔のための正しい方法を書いてみます。

洗顔をする際には汚れを落とすことを第一に考えてください。 保湿を高めるために保湿成分を配合した洗顔料もありますが、洗顔で大切なことはあくまでも汚れ落としです。 洗顔料を成分で選ぶとすれば、しっかり汚れを落とす力のあるものにします。 固形であるか、液状であるか、洗顔フォームであるかは別に問いませんが、なるべく刺激の少ないものだとなお良いでしょう。 石鹸と洗顔フォームの違いについては以前にも書きましたが、肌質によっては固形石鹸を選んだ方がいいかもしれません。 汚れを落とすこと以外のケアについては、洗顔後に行えばいいことですから、洗顔料に余計な成分は必要ありません。

洗顔時に一番大切なことは泡の立て方です。洗顔でこすりすぎて肌を傷めないためにもたっぷりと泡立ててください。 洗顔のイメージとしては指と顔の間に泡をクッションとして挟む感じです。卵を扱うように優しく洗ってください。 泡立て用のスポンジやネットを使うと泡立ちがよくなります。

洗う手順としては、まずTゾーンの額と鼻に泡を乗せて汚れと馴染ませます。そして残りの顔の部分に伸ばします。 そのあとぬるま湯で手早く洗い流します。洗った後の顔の水分を取る時には、タオルで肌を軽く押さえるようにします。 毛穴の黒ずみが気になると、ごしごしとこすりたくなるかもしれませんが、なるべく優しく拭き取って下さい。 洗顔については「洗顔」のカテゴリもお読みください。


肌の老化と毛穴の黒ずみ

人間の顔には約20万個の毛穴があると言われています。
この毛穴の黒ずみは大変目立つものであり気にもなりますよね。
年齢や性別を問わず毛穴の黒ずみに悩む方は多いようです。
この悩みを持つ人にとっては大きな悩みでもあります。
毛穴の黒ずみが目立つようになるのには幾つかの原因があるのですが、
「肌の老化」もそのひとつとなります。

老化すると肌はだんだん弛んできます。
肌の弛みと同時に毛穴も弛みます。
そうなると毛穴の形は縦長に開いてしまいます。
それで毛穴が目立つようになるのです。
と同時に黒ずみも目だってしまいます。

また肌が老化すると肌の水分量も減ってきます。乾燥肌になるわけです。
この乾燥肌が毛穴の黒ずみを目立たせることは前回も書いた通りです。

「肌の老化」はどうしても防ぎようのないことではあります。
でもどうにもならない事と諦めることはありません。

確かに老化自体は避けられないことなのですが、
若い頃から対策をしておくことで老化の進行に違いがでてきます。
30代に見える50代の人もいれば、
20代なのに40代の肌のように見える人もいますよね。
肌の老化の進行には個人差があるのと同時に、
ケアの仕方の違いによる部分もまた大きいのです。
老化による毛穴の黒ずみでなければ、まだまだ手遅れではありません。
若い内から老化対策をしておきましょう。


乾燥肌と毛穴の黒ずみ

毛穴が黒ずんで目立つのはとても気になります。
毛穴の黒ずみという悩みは性別、年齢を問わず大きな問題です。
毛穴の黒ずみの原因は幾つかあるのですが、
肌のタイプとも関連が深いようです。

乾燥肌の人にも毛穴の黒ずみで悩む人が多いとされます。
年代では20代〜40代の人が多いでしょうか。
前回、毛穴の黒ずみには皮脂が多すぎて顔がべたべたであることと
関連があると書きましたが、だからと言って必死に皮脂を洗い流せば
いいのかというとそうではなく、むしろ洗い流しすぎて肌が乾燥して
しまうことも毛穴の黒ずみの原因ともなるのです。
皮脂をなくすことではなく、適切なコントロールをすることが大切なのです。

乾燥肌とは皮脂の量が少ないことではなく、肌の水分が少ない状態の
ことを言います。
肌というものは、外部から色々な刺激を受けています。
そしてこの刺激から守るためのバリア機能を持っています。
そのバリアとは厚さがたった0.02mmの角質層のことです。
これは外部からの刺激から肌を守る役目を持つと同時に、
肌の深層部の水分を逃さないという役目をも合わせ持っています。
しかし水分が減り乾燥肌になってしまうと、刺激から守るために
薄い角質層が厚くなってしまうという現象が起きます。
角質層は正常時には約1ヶ月でターンオーバー(新陳代謝)がなされる
のですが、これが正常に行われなくなり、未熟なままの角質細胞がどん
どん積み重なっていくことになります。
そうなると肌は硬くなってしまいます。
そして毛穴をふさいで皮脂や汚れを溜め込んでしまい黒ずみとなるのです。



毛穴とは何ぞや?

このブログは開設してまだ間もないのですが、意外と多くの人に読んで頂いている
ようで私自身少し驚いています。
検索エンジン経由の方も少なくありません。因みに検索語句として多いのは
「毛穴 黒ずみ」となっています。
そこでこの「毛穴の黒ずみ」をテーマにした記事を幾つか書いてみました。
これらの記事を元々準備していた記事と交互に投稿してみたいと思います。
「カテゴリ」は既に設定してある「毛穴の黒ずみ」にまとめますので是非
ご覧になってください。


まず「毛穴とは何ぞや?」ということから。
毛穴、毛穴と言っても、実は毛の生えていない穴もあります。
気になる黒ずんだ穴も毛穴のひとつです。
穴と言っても、別に肌に穴が開いているわけではありません。
「くぼみ」と言ったほうが正確かもしれません。

このくぼみは皮膚の中にあるのではなく肌の表面にありますので、
汚れや雑菌にさらされていることになります。
肌の表面の近くには皮脂腺があり、毛穴の出口の近くで開いています。
このため毛穴は常に外の汚れや雑菌と皮脂にまみれているということです。
鼻の周りを触ってみてください。多分ベトベトではないかと思います。
これは鼻の周りには皮脂腺が多く、皮脂の分泌量が多いからです。

毛穴には様々な大きさの穴があります。
この毛穴の大きさは男性ホルモンの量により決まっています。
男性ホルモンの影響を受けて、皮脂腺が大きく発達して毛穴の目立つ肌 となるのです。
逆に男性ホルモンの量が少ないと、皮脂腺はあまり発達しませんので、 毛穴の小さな肌になります。
男性ホルモンの分泌量は遺伝できまります。
つまり毛穴の大小は遺伝であるということになります。

皮脂腺が最も発達する場所は顔です。
従って顔の毛穴が目立ってしまう大きさになってしまいます。
しかも所謂Tゾーンと呼ばれるところ、つまりおでこと鼻の部分に
毛穴が密集しています。
毛穴の少ない頬は乾燥しやすいのですが、鼻の周りやおでこは
ベトベトになりやすく、そこに密集した毛穴の中には皮脂がたまり
やすいということになります。
また角栓ができやすくもあり、毛穴の黒ずみやニキビが発症しやすくなるのです。


よく読んでもらってます。
光脱毛
背中エステ
毛穴の黒ずみ

顔の毛穴の黒ずみにケミカルピーリング

顔の毛穴の黒ずみをなくす法方として、もうひとつケミカルピーリングという法方もあります。

ケミカルピーリングとは数種類の酸を皮膚の表面に塗布することで残っている古い角質を剥ぎ取って肌自らが持つ新陳代謝能力を引き出します。肌自らが持つ新陳代謝能力によりシミや黒ずんでいる肌を蘇らせる方法です。ただ、にきびがあったり乾燥肌であったりして肌が荒れている場合は、ケミカルピーリングは適さないようです。基礎となる皮膚が健康でなければ、正しいケアが行えなくなるからです。ニキビなどを治療してから行うようにしましょう。顔の毛穴の黒ずみ対策としては、肌が健康でピーリング剤の量と濃度を適切に行えば安全な法方だといえます。


ケミカルピーリングで毛穴の黒ずみをなくそうとする際、皮膚科を訪ねて受信してみることも大切でしょう。ケミカルピーリングを専門に行っている皮膚科も結構あるので、インターネットなどで探してみてもいいでしょう。

ピーリング施術直後は、肌にヒリヒリ感が残ったり、赤くなったりすることもあるようですが、しばらくの間なので心配は要りません。悪化して治まらないようであれば、皮膚科で受診してみた方がいいでしょう。

毛穴の黒ずみを徹底的になくすには、日ごろからスキンケアを怠らず、食生活も乱さないようにし、ひどいところはケミカルピーリングを行って集中治療するようにする、というのがベストな法方といえるでしょう。

顔の毛穴をレーザーで治療する

レーザー治療は、黒ずんで目につくようになってきた毛穴に作用し、目立たなくする手術です。

毛穴がゆるんできて中の黒ずみが目立ってきたという人は、レーザーで治療するという方法を使えます。また、加齢と共に増えてくる小さなシワやざらざらしてくる肌荒れなどに対しても、レーザー治療は効果を発揮します。




MAX毛穴レーザー治療という名前の方法が、レーザー光を用いた美容エステで最もよく使われます。毛穴に炭粉末を塗り込んで、そこにレーザーをあてるという手術方法です。

黒い色に反応するレーザーの特性を生かして表皮全体に安定したダメージを促して、顔の毛穴自体を収縮させます。

お肌を若返らせ、往年の頃の美しい皮膚を取り戻すことが、毛穴の収縮以外にもレーザー治療では可能とされています。




レーザー治療では炭粉末の配合されたローションを塗りますが、その前に念入りに洗顔をし化粧を落とします。ローションは、特に毛穴を引き締めたい部分を念入りにしましょう。

まずは事前照射を行います。本格的にレーザー治療をする前に肌を温めるのが目的です。

レーザー治療そのものは3回に分けて行い、その後に約5分のクーリング時間をおきます。

これで肌の状態が落ち着き、毛穴が締まって黒ずみがわからなくなります。紫外線対策が必要ならば紫外線対策を行います。

しばらく肌を休ませてからなら、帰宅時に部分的なメイクをしてもOKです。




最近ではかなり技術が進歩していて、安全で手軽にレーザー治療ができるようになっているようです。

家でのスキンケアだけでは思うように黒っぽい毛穴が治せないという方は、エステなどでレーザー治療を受けてみると突破口が開けるかもしれません。

スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。