スポンサードリンク

抜け毛を防止する生活習慣

抜け毛をなくすには、生活習慣を規則正しくすることも大切です。生活習慣を改善していくことは、簡単なことではありませんが、抜け毛防止のために、行いやすいところから始めましょう。

抜け毛防止には、まず規則正しい十分な睡眠が必要です。髪や皮膚は、昼間に受けた刺激や紫外線などのダメージを寝ている間に働く免疫細胞やホルモンの作用によって修復します。夜更かしすると毛母細胞の分裂が低下してしまうので、抜け毛防止のためには夜更かしを避けなければなりません。

抜け毛防止のためには、頭皮の血流が悪くならないようにしなければなりません。頭皮の血の流れが悪いと、新しい髪が生えるための栄養がきちんと届かないため、抜け毛につながるのです。
またストレスがたまりすぎると、身体の血行も悪くなり、頭皮に十分な血が行き渡りません。抜け毛の大敵であるストレスをためないように、うまく気分転換をしてストレスもコントロールできるようにすることが必要です。
また喫煙も血管の収縮により血行を悪くする元になるので、タバコを吸う人は、抜け毛を防ぐためにはタバコの数を減らすように努力しましょう。

アルコールの摂り過ぎも体内でのたんぱく質生成を邪魔して毛髪の成長を妨げるので、生活習慣を整える一つとして、お酒の量も減らすようにしなければなりません。深酒はどうしても就寝時間も遅くなってしまいがちなので、抜け毛防止のためには特に気をつけなければなりません。


男性の円形脱毛症・女性の円形脱毛症・脱毛症対策
女性用育毛剤
育毛剤選び

抜け毛を防止するヘアケア

抜け毛をなくすようにするには、正しい洗髪と、ヘアケアを行うことが大切です。
シャンプーには抜け毛はどうしてもつきものなのですが、それを嫌ってあまり洗髪しないようにしていると、逆効果になることもあります。

抜け毛防止になる洗髪を目指すなら、あまり熱いお湯を使わないようにし、頭皮にやさしいシャンプーとして40度くらいのお湯で、まず髪を十分に濡らします。この素洗いをすることで、ほとんどの大きな汚れは洗い流されます。
シャンプーは直接頭皮につけず、お湯で薄めてから髪に塗り込むつもりで洗い、爪は立てず、指の腹で頭皮をマッサージするように洗います。指に力を入れてゴシゴシこする人もいますが、頭皮にはよくないですし力を入れずとも汚れはちゃんと落ちます。
一度シャンプーしたらすすいだあとにもう一度洗いますが、抜け毛を防止するためにはしっかりすすいでシャンプーを残さないことが大切です。
その後リンスを使うときは、頭皮に塗りこむことを避けるようにすることも、抜け毛を防ぐことになります。
タオルドライの際に、髪と髪をこするような拭き方をしていると、髪が痛む恐れがあるのでこれも避けましょう。水分を良く吸い取る乾いたタオルを使用し、軽く押し当ててたたくようにしながら水分をタオルに吸わせるようにするといいでしょう。
ドライヤーを使って乾かす場合、完全に乾く前、8割くらいでやめるようにすると抜け毛防止になります。
逆に濡れたままにしておくと、頭皮に菌が繁殖するときもあるので、抜け毛防止のためには自然乾燥ではなくて、すぐに乾かすことも大切です。


薄毛で悩まないで欲しいから・・・
薄毛対策・洗髪・生活改善・育毛剤と発毛剤
育毛シャンプー・洗髪のポイント
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。