スポンサードリンク

多汗症の治療について

多汗症の方は必ず病院で治療を受けなければならないということはありません。たとえば、日々の生活に特に問題がないなら、多汗症でもそのまま放置しておくことも立派な対策法です。ただし、発汗の原因がはっきりしていない状態なら、一度は病院に行ってみた方がいいでしょう。何かの病気になったために汗をかくようになったなら治さなければなりませんし、素人判断で多汗症だと決めつけて、いたずらに落ち込んでしまうだけではいいことはありません。病院であなたは多汗症ですと診断されるまでは、大量の汗をかく人でも多汗症ではありません。多汗症の治療だけを目的とせず、晴れやかな気持ちで日常を送る為にと病院に出向いてみてはいかがでしょうか。


医者によって多汗症の手当てをしてもらうという場合は、内科治療か精神治療か手術をするかです。多汗症を起こしている原因となっている交感神経を切る手術であり、治療が可能です。手足の発汗量が多い人にはかなりの効果がある方法ではありますが、背中や顔などの汗の量が増すというデメリットが存在します。
脇の下の多汗症治療には、超音波で汗腺を取るというものもあり、これはワキガ解消にもなります。後遺症にならず、手術痕が小さいというメリットがあります。
多汗症の手術はそれほど危険性の高いものでもありませんが、手術は手術ですので、多汗症の治療のために手術に踏み切るときは慎重にしてください。


多汗症の予防

多汗症の治療法の前に、多汗症の予防法について書いてみます。
多汗症の一番の原因はストレスにあると言っていいと思います。ストレス過多の 状態が続くことにより汗をかきやすくなります。交感神経に刺激を与えないこと が大切です。
ストレス過多となる原因は、急激な環境の変化、過労、変則的な生活を続けるこ と等に多くみられます。どうしても避けられない状況もあるかもしれませんが、 ストレスが溜まりやすいという自覚のある人は特に気をつけてください。
神経過敏気味な人は多汗症になりやすいとも言われます。ストレスを感じること により、交感神経や副交感神経が調整をしようとします。
多汗症の症状は、ストレスの緩和を目的に体に汗をかかせるという機能によるも のだとされます。心にゆとりを持つよう心掛けることが、多汗症の予防や治療の 第一歩となるのです。


食生活の改善も多汗症の予防には重要となります。油脂の多い食べ物を食べ過ぎ る人は、鼻につく匂いの汗をかきます。多汗症の人が臭い汗をかくようだと、そ の事に恐怖感を感じストレスになり、余計に汗をかくという悪循環もあります。
汗の匂いですが、水分摂取の不足が原因のこともありますので、自覚のある人は 少しずつ水を飲むようにしてみてください。
とは言え、極端に油を控えたり、水を大量にがぶ飲みしたりすると別の病気にな ってしまいますからほどほどに。


意外だと思われるかもしれませんが、身の回りをきれいにしておくことも汗をか いた時の不快感を抑える効果があります。身の回りが汚いと、それがストレスの 元にもなりますので、身の回りはきれいにするように心掛けてください。
こうして見てみると、心の持ちよう、身の回りの整頓、食事の改善等、生活態度 を見直すことが多汗症予防には大切だということになりそうです。


自分でできる背中エステ
黒ずみ エステ
脱毛 注意

多汗症とは何か?その原因は?

人間たるもの、汗をかくのは当然ですし、汗をかかないのは異常なことです。 体温調整のためには汗をかく必要があるし、緊張すれば誰でも汗をかくものです。 しかし人によっては、かく汗の分泌量が異常に多いということがあります。 これを多汗症と言います。
ただ、多汗症であるかないかの境界線が曖昧で、自分は多汗症だという思い込みの 場合もありえます。 一般には気温や運動とは関係なく多量の汗をかくことと考えられています。


多汗症の原因ですが、他の病気の影響による場合と、精神的な理由で発汗量が 増えてしまう場合とがあります。 もしも多汗症の症状が全身に及んでいるのであれば、代謝系や自律神経機能に 問題が発生しているのかもしれません。 薬の副作用でも多汗症と似た症状がでることもあります。
体調の違和を伴いつつ汗を多量にかくようでしたら、迷わず医師の診察を受けてください。 多汗症よりも厄介な病気である可能性もありますので気をつけてください。


多汗症の場合は、精神的なものが原因となることが多いようです。 環境の大きな変化や緊張感を強いる状態の連続する時に多量に汗をかく人は 多汗症の可能性があります。 この時は手のひらや足などに汗をかくことが多いようです。
始末が悪いのは、多汗症の人の場合、汗をかくこと自体がストレスになって、 よけいに汗の量が増すという悪循環もあることです。 医師など専門知識のある人に相談し、多汗症の症状を軽くする必要があります。
多汗症の場合は、特に命にかかわるなどの致命的な病状ではありません。 ちょっと相談してみるという程度の心構えで病院に足を運んでみてはどうでしょうか。
汗を多量にかくことを無闇に恐れたり、恥ずかしがったりする必要はありません。 自分の状態をきちんと見据えることが治療の第一歩となります。


スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。